女子カルチャー

【深堀り!女子カルチャー⑥】ニコラ解体新書

こんばんは!

家にポテチしかありません。

買いだめます。

以前、セブンティーンでニコラ出身のモデルが活躍していると書きましたが、今回は、ニコラ特集です。

独自のカルチャーが形成されていて、人気女優を数多く輩出しており、女子カルチャーを伝える上で書かない訳にはいきません。

それではスタート!

ニコラの概要

ニコラは21年の歴史を持つ女子中学生向けのファッション誌です。

新垣結衣、川口春奈など多くの人気女優が専属モデルを務めました。

去年、10代向けの雑誌で販売部数1位にもなり、女子カルチャーを牽引する雑誌といって間違いありません。

まず、ニコラは独自のルール、用語があるので次の項から、それを解説します。

こづ堂
こづ堂
用語がわからないと色々な説明がしにくくなりますからね。

ニコラ用語解説

ニコモ→ニコラモデルの略称。卒モは卒業したモデル、中3モは中3のモデル

イメモ→イメージモデル。ニコラで人気の3大ブランド、ラブトキシック、レピピアルマリオ、ピンクラテのイメージモデルを指す。イメモの来店イベントが必ずある

東京開放日→毎年3月に開催される、年に1度の東京でのイベント。規模は東京開放日に劣るものの、ミニミニ開放日、大阪開放日というイベントもある

トレガル→今年度の高1モデル7人組のユニット名。”トレンドセッター、流行発信の意味を込めた”(ニコラ2018年5月号)とのこと。

ニコラにーさん→某有名編集者(顔出しはしない)がこう名乗り、毎月読者の悩みに答える名物コーナーを担当している

こづ堂
こづ堂
在籍しているモデルは「在モ」と言うことを最近知りました。まだまだ色々な用語がありそう。

独自のルール

高校2年になるタイミングで卒業。3月の東京開放日で卒業式が行われる

(2016年の卒業式の1コマ)

✔(2017年度までは)高1モの中から部長、副部長が選ばれる。部長、副部長は自動的にイメモに就任、もう1人イメモに選ばれていた

✔(2018年度)生徒会制度に変更。会長が1人選ばれ、会長以外のモデルの中からイメモ3人が選ばれる新ルール

こづ堂
こづ堂
今年度、ルール変更したので当分は変わらないのでは。

毎年人気女優が生まれる

前にセブンティーンの記事でも触れましたが、毎年、高1モの中の1人は女優として活躍が期待される子がいます。

今年は間違いなく南沙良ですね。

その活躍する子は、役職(今年だと会長、イメモ)に就いてる子になります。魅力があるから、役職が任される訳なので当然なのかもしれません。

ちなみに南はラブトキシックのイメモです。

だからニコモになった子は役職に就くことを目指しています。

去年の表紙を見ても、前列が左から副部長、部長、イメモ。扱いやイベント出演数に差が出ますからね。

こづ堂
こづ堂
昨年度の代は全体的にレベルが高かった。

今回のニコラ特集、いかがだったでしょうか。

独自のカルチャーがあって面白いし、ここから未来のスターが生まれてくると思うとワクワクしますね。

中3モに、人気女優になりそうな子やリーダー的存在がいないので、来年どのように役職が決まり、どういう誌面になっていくのか注目してます。

ではまた次の更新で✋

ABOUT ME
furuya2908
1960年代と女子カルチャーが好きです。 ある日ケータイが壊れる→空いた時間に元々好きだった60年代の日本映画を観る→止まらなくなり、映画漬けの生活に→60年代の魅力を伝えるためにブログ開始 という流れでブログを始めました。 よろしくお願いします。