女子カルチャー

【深掘り!女子カルチャー④】最近のセブンティーンの分析

こんばんは!

前回、セブンティーン(以下ST)について書きましたが、書ききれなかったこともたくさんあるので、今回もセブンティーン特集です。

セブンティーンとはどういう雑誌か

STは、(細かい歴史は省いて)数多くの女優を輩出しているファッション誌です。

前回の記事に出てきた広瀬すず永野芽郁(めい)も今では人気女優ですよね。

女優として活躍したいモデルが多いせいか、恋愛事情をオープンにしないのも特徴です。


ちなみにライバル誌のポップティーンは女優としても活動するモデルは少なく、バラエティータレントやブランドプロデューサーなどになるケースが多いです。

親しみやすさが売りの雑誌でもあり、恋愛に関してわりとオープンに話しますし、カップルで誌面に出ることもよくあります。

新しい傾向

前述の通り、恋愛事情を表にしないセブンティーンモデル(以下STモ)でしたが、最近では、STモの中のハーフモデルは、恋愛リアリティー番組に出演するという変化が。


その番組は、アベマTVの人気番組「オオカミくんには騙されない」です。男女数人が行動を共にし、恋愛に発展していく様子を追いかける番組。

マーシュ彩は、シーズン3(2018年1-3月)に出演し、カップル成立しています。

木内舞留(まる)は現在放送中のシーズン5に出演中です。

マーシュは、アメリカと日本のハーフで、木内は日本とロシアのハーフです。

「オオカミくん〜」は ほぼ毎シーズン、ポップティーンモデルも出演しています。STモとポップティーンモデルの共演というのも珍しいです。双方、交流があまりないですからね。


STモの中でも、女優志望ではないから、マーシュ、木内の2人は恋愛番組OKなのではないかなと私は見ています。

今後もオオカミくんの出演モデルは注視していきます。

ニコラ出身モデルが台頭

最近、セブンティーンの中でも勢いがあるのがニコラ出身モデルです。

ニコラは中学生向けの雑誌で高2になるタイミングで卒業するシステム。毎年 5、6人がニコラを卒業します。

(↓↓↓去年の卒業モデルが表紙の号)

最近ではその年の卒業生の中から1人がセブンティーンに移籍しています。

その1人は、やはり女優として大きな活躍が期待される者です。


具体的には現STモのなかで、永野芽郁(2016年3月卒業)、久間田琳加(2017年3月卒業)、清原果耶(2018年3月卒業)がニコラ出身。

永野(下画像の表紙モデル)は前回紹介したとおり、STの看板モデル、

久間田は連載を持ち、表紙を3回経験と次期エース候補、

清原(下画像の前列左)は去年9月号から加入したばかりですが、最新号(2019年3月号)で初表紙とニコラ出身勢が存在感を示しています。

ちなみに今年のニコラ卒業組の中では、南沙良がセブンティーン移籍候補として有力に思えますが、果たして。


前回に続いてセブンティーンを特集しましたが、いかがだったでしょうか。

またSTについて書くこともあると思います。

ではまた次の更新で✋

ABOUT ME
furuya2908
1960年代と女子カルチャーが好きです。 ある日ケータイが壊れる→空いた時間に元々好きだった60年代の日本映画を観る→止まらなくなり、映画漬けの生活に→60年代の魅力を伝えるためにブログ開始 という流れでブログを始めました。 よろしくお願いします。