Popteen

【雑感】Popteenの10年を振り返る①

こんばんは。

今回はPopteenの10年を自分なりに振り返ります。

それではスタート!

くみっきー(舟山久美子)が結婚!

一昨日、モデルでタレントのくみっきーが結婚を発表しました。

くみっきーと言えばPopteenで17号連続表紙を飾った伝説のモデル。

私自身、くみっきー、まりも、純ポのPopteenモデル3人が「しゃべくり007」(2009年8月3日放送)に出演したのを観て、ギャルモデルに興味を持ち、Popteenを見るようになりました。

(左が”まりも”こと村田莉)

(“純ポ”こと小森純)

今年の12月でPopteen読んでちょうど10年です。

12月までまだ日がありますが、ちょうどいい機会なので、今回はPopteenを約10年見てきた中で印象に残ってることを書いていきたいと思います。

Popteenとヴィズミック


2016年4月にれなれな(武田玲奈)がPopteenを卒業するまで、PopteenといえばVithmic(ヴィズミック)所属のモデルがいるイメージでした。

実際、くみっきー(1991年生まれ)、ぴかりん(1994年生まれ)、まあぴぴ(1994年生まれ)、れなれな(1997年生まれ)がヴィズミックでした。

(↓真ん中のおかりえもPopteen専属モデルで、「色々あった」方。アンクルージュの創始者です。気になった方は「おかりえ 李里」で検索。)

脱線しましたが、このように、バランスよく色々な年齢のヴィズミックのモデルがいました。

2017年7月にまえのんがVithmic所属になり、12月にPopteenを卒業したあとも、Popteenのイベントの司会として関わっているので、Popteenとヴィズミックの関係は続いています。

今でいうと、オスカープロモーションが当時のヴィズミックの立ち位置に近いのかもしれません。

にこるん(1998年生まれ、2017年にPopteen卒業)もいましたし、のあにゃん(2001年生まれ)、ほのばび(2001年生まれ)、くれたん(2002年生まれ)、ゆぴぴ(2005年生まれ)、のんち(2005年生まれ)

のPopteenモデル5人が所属しています(のんちはレギュラーモデル)。

(左からにこるん、のあにゃん、ほのばび)

今のPopteenはオスカープロモーションが強いですね。

黒髪ギャル


Popteenでは、「黒髪ギャル」というジャンルを打ち出していた時期がありました。

2013年頃、打ち出していたジャンルなのですが、このあたりからギャル文化の衰退が見え始めました。

ギャルを貫く人もいましたが、裏切りというか、ギャルっぽく見られていた子が黒髪でギャルっぽく見られないようにし始めたのが印象的でした。

みちょぱが専属になる前は、くみっきーも卒業直前であまり出なくなって、実質Popteen専属モデルの中で派手ギャルがみにゃとっちしかいない状況にまでなりました。

こづ堂
こづ堂
黒髪清楚を推していたおかげでれなれな(武田玲奈)やゆらゆら(越智ゆらの)が出てくることになるので、よかったこともあるのですが。。

みちょぱでの登場でギャル復活


2013年に彗星のごとく、みちょぱが現われて、2014年7月号で表紙とともに専属モデルデビューしていき、ギャルのスターが久々に登場しました。

みちょぱが時代に乗ったのは、ギャルが激減している状況でギャルを貫くと宣言し、それが新しかったからだと思います。

みちょぱの次のスターギャルとして矛先が向けられたのがなちょす(徳本夏恵)でしたが、みちょぱほどのインパクトは残せませんでした。

みちょぱはファッション面ではムーブメントを起こしていない


みちょぱはギャルとしてファッション面では

何か新しいブームやトレンドを作ることはありませんでした。

それまでのギャルは、益若つばさが古着を使った渋原系(渋谷と原宿のミックス)を打ち出したり、

植野有砂ネオギャルという、ムラサキ系の髪に太眉、ストリート系ファッションという洋楽のアーティストのようなファッションでムーブメントを起こしたり、

ギャルはアップデートされてきたのがみちょぱあたりで止まったなという印象です。

こづ堂
こづ堂
みちょぱは受け身な性格でもありますからね。

まとめ

今回の記事のまとめです。

✔︎Popteenで17号連続表紙という伝説を残したモデルのくみっきーが結婚した

✔︎2016年4月まではくみっきーの所属事務所「ヴィズミック」がPopteenで勢いがあった

✔︎2013年頃、Popteenは「黒髪ギャル」というジャンルを打ち出していた。ギャルの衰退を予感させるものだった

✔︎ギャルが衰退する中、みちょぱがギャルを貫くと宣言し、そのスター性もあいまって、Popteenでのギャル復活のきっかけとなった

✔︎ただし、みちょぱはファッション面では新しさはなかった

こづ堂
こづ堂
Popteenの振り返りは次回に続きます。

ではまた次の更新で。

ABOUT ME
furuya2908
furuya2908=こづ堂です。Popteen、セブンティーン、ニコラを中心に女子カルチャーについて書いていくブログです。 よろしくお願いします。