女子カルチャー

【深堀り!女子カルチャー⑨】玉城ティナ、トリンドル玲奈卒業後のViViを考察する

こんばんは。

毎日家でケータイをどこに置いたかわからなくなります 笑。

今回はViViについて書くタイミングかなと思ったので書きます。

ViViとは

ViViといえば、

✔ハーフモデルがたくさん出ていて

✔少し攻めたファッションを提案している

✔10代から20代前半くらいまでがターゲット

のファッション誌。

(ハーフモデルがどのように市民権を得てきたかはこちらの記事が詳しい)

看板モデル2人が卒業

2019年2月号で玉城ティナ、2019年3月号でトリンドル玲奈が立て続けに卒業しました。

昨年10月のイベントで2人の卒業が発表されたのですが、2号連続でトップレベルの人気モデルが卒業するのは異例です。

(2人とも7年活動したので卒業すること自体には不思議はないですが。)

例えば、popteenでは、藤田ニコル(2017年8月号で卒業)、池田美優(2018年6月号で卒業)のように、人気がトップレベルのモデルは卒業時期をずらし、その間に次世代を育てていくのが通例。

カズニョロも卒業

あと、唯一男性の専属モデルのカズニョロ(小籔千豊)も4月号で卒業。

(最近ViViの誌面で見かけた記憶がないですが 笑)

とにかく1つの時代が終わり、新章に突入ですね。

今後どうなっていくか

現時点では、玉城と「やぎたまコンビ」で人気だった八木アリサ、最新号で表紙のemmaが引っ張っていくように思われます。

4月号の「emmaのミニVSアリサのロング」の特集や誌面の状況を見て、この2人かなと。

藤田ニコルは大成するのか

2017年10月にViViモデルになった藤田ニコル

モデル以外にテレビで大活躍の藤田ニコルですが、現時点で彼女がViViで抜きん出る可能性は低いです。

ViViは、というか、20代向け雑誌はヴィジュアルが重視される傾向が強いからです。

藤田が以前所属していたpopteenはキャラが存分に出せる、キャラの強さが人気に反映される雑誌。

そのため、藤田に限らず、popteenでトップになったモデルは、姉雑誌に移籍するとなかなか上に行けないことが多いです。雑誌にもよりますが。

あと、テレビでの活躍と雑誌での人気はイコールとはならないことも多く、雑誌は、雑誌の読者に響くかどうかが重要です。

ただ努力家で野心家なので、今後、時間をかけて彼女がViViモデルとしてトップに行く可能性も。

ViVigirl

専属モデルの話をずっとしてきましたが、ViViにはViVigirlというインフルエンサー(実質、読者モデル)も所属しています。

25歳で3月発売の号で卒業という暗黙のルールがあったのですが、現在26歳の夏焼雅が現役なので、卒業時期がいつなのか注目しています。

有名アイドルだった夏焼さんだけ例外の可能性もあります。

3月発売の5月号で25歳のViVi girlが卒業するかどうか、注目してます。

最後に

今回のViVi特集、いかがだったでしょうか。

玉城ティナのように、14歳で専属入りしてスターになって順調に成長していくハーフモデルは二度と現れないと思います。

新興のSNSから、もしくは全く想像できない新しい方法で新しいハーフモデルのスターが現れることを楽しみにしています。

色々書きましたが、藤田ニコルはポップティーンのときから好きです。

ではまた次の更新で✋

ABOUT ME
furuya2908
1960年代と女子カルチャーが好きです。 ある日ケータイが壊れる→空いた時間に元々好きだった60年代の日本映画を観る→止まらなくなり、映画漬けの生活に→60年代の魅力を伝えるためにブログ開始 という流れでブログを始めました。 よろしくお願いします。