女子カルチャー

【深掘り!女子カルチャー③】広瀬すず卒業後のセブンティーン 「かれまゆめい」の時代

こんばんは!

2月の寒さが一番苦手ですが、頑張って乗り越えます。

さて、今回は女子カルチャー記事。

数々の若手女優の登竜門的なファッション誌・セブンティーンについて書きます。

広瀬すずの卒業

2018年11月号で広瀬すず(20)がセブンティーンを卒業しました。

NHKの朝ドラの撮影で忙しくなるはずなので、この時期の卒業は、多くの人が予想できたと思います。

彼女のテレビ、映画での活躍ぶりは周知のとおりですが、同誌でも、何度も表紙を飾り、巻頭に「すずぼん。」という連載を持ち、絶対エースとして活躍していました。

ということは、彼女の卒業=次世代が引っ張っていく時代の到来を意味します。

では、その次世代とは誰でしょうか。

かれまゆめいの時代

次世代は、大友花恋(かれん)、横田真悠(まゆう)、永野芽郁(めい)の、「かれまゆめい」が引っ張っていくと見て間違いないでしょう。

(全員19歳です)

当たり前といえば当たり前ですが、広瀬すず卒業でスター不在にならないように新たな人気者を育てていました。

もともとは大友花恋、横田真悠の「かれまゆ」コンビとして同誌で活動していましたが、

永野芽郁がセブンティーン入り(2016年9月号)してから、「かれまゆめい」が結成され、たくさんの企画が組まれてきました。

どんな三人なのか

では、「かれまゆめい」とはどんな人物か簡単に紹介します。

大友花恋


https://www.instagram.com/p/BtQLziNHboK/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=9be6i0tub6pe

・162cm

・3人の中で唯一ピン表紙の経験がない

・今年3月、「いつか眠りにつく日」ドラマ初主演

・人見知りでちょっと暗いキャラだが、独特の言語感覚で発言が面白い

横田真悠

・168cm

・ピン表紙2回

・昨年、NHKの人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に10代女子のカリスマとして出演

・最近、女優業に積極的に挑戦している

・みんなに愛される天然キャラ

永野芽郁

・ピン表紙5回

・NHKの朝ドラ「半分、青い」に主演し、3人の中で随一の知名度

・親しみやすい性格


ちなみに、かれまゆめいのそれぞれの連載がほぼ同時期にスタート(かれまゆ:2017年5月号からめい: 2017年8月号から)

セブンティーンの人気のバロメーターは、表紙、連載を持つ、特集が組まれるの3つだと思われます。

もちろん3人ともこの条件を満たしてます。

2019年2月号でもかれまゆめいが席巻

セブンティーンに限らずティーン誌は、年末 or 年始発売の号で、上の画像のような振袖でモデルが全員並ぶカットが必ずあります。

新年の挨拶ですね。

専属モデル全員が並ぶ貴重な機会ですし、何よりその並びで人気がわかります。


セブンティーン2019年2月号で、4ページにわたって振袖のモデルが並んでいるカットがありますが、もちろん「かれまゆめい」が1ページ目で最前列に並んでいます。

巻頭でも「かれまゆめいの2019年おしゃれ気分」という企画で3人の特集が組まれています。

その中で「STをリードできるように全力で頑張る」と3人が宣言。

当分「かれまゆめい」の時代が続いていくことでしょう。

それでは次の更新で✋

ABOUT ME
furuya2908
1960年代と女子カルチャーが好きです。 ある日ケータイが壊れる→空いた時間に元々好きだった60年代の日本映画を観る→止まらなくなり、映画漬けの生活に→60年代の魅力を伝えるためにブログ開始 という流れでブログを始めました。 よろしくお願いします。